医薬品のインターネット販売について

 医薬品のインターネット販売について

2014年6月12日に薬 通販の販売制度が改正されたことにより、医薬品のインターネット販売が解禁されました。

販売制度が改正され前にも、医薬品のインターネット販売はありましたが販売制度が曖昧な為、グレーゾーンになっていました。その中、医薬品のインターネット販売が禁止となりました。禁止とされ今まで販売していた企業が抗議したことにより、販売制度の改正に至りました。

以下に改正された販売制度となっています。

1医薬品の販売規制の見直し

(1)一般用医薬品:適切なルールの下、全てネット販売可能

 ○ 第1類医薬品は、これまでどおり薬剤師が販売し、その際は、

・年齢、他の医薬品の使用状況等について、薬剤師が確認

・適正に使用されると認められる場合を除き、薬剤師が情報提供

○その他の販売方法に関する遵守事項は、法律に根拠規定を置いて省令等で規定

(2)スイッチ直後品目・劇薬(=要指導医薬品):対面販売

○スイッチ直後品目※・劇薬については、他の一般用医薬品とは性質が異なるため、

要指導医薬品 (今回新設)に指定し、薬剤師が対面で情報提供・指導

 ※医療用から一般用に移行して間もなく、一般用としてのリスクが確定していない薬

○スイッチ直後品目については、原則3年で一般用医薬品へ移行させ、ネット販売可能

(3)医療用医薬品(処方薬):引き続き対面販売

 ○ 医療用医薬品については、人体に対する作用が著しく、重篤な副作用が生じるおそれがあるため、 これまでどおり※薬剤師が対面で情報提供・指導

※これまでは、省令で対面販売を規定

2指定薬物の所持・使用等の禁止

 ○ 指定薬物※について、学術研究等を除き、その所持、使用等を禁止し、違反した場合には罰則 ※精神毒性(幻覚、中枢神経系の興奮・抑制)を有する蓋然性が高く、人に使用された場合に保健衛生上の危害のおそれがある物質 薬事法及び薬剤師法の一部を改正する法律

3施行期日

○ 公布日から6か月以内の政令で定める日(1:平成26年6月12日、2:平成26年4月1日)

Fumio Nagano

Related post